郷土料理やご当地グルメ

荒川区は、東京都内にあるためグルメといっても郷土料理などはそこまで多くありません。ただその代わり、ご当地グルメは最近次々とできており、比較的有名なものとして羽二重団子があります。これは、くしに刺さった団子ですが、通常の球体の団子ではなく平べったい団子になります。しょうゆと砂糖で焼いた甘辛の団子とあんこの上に載せた団子の2種類があります。これは、専門店などに行って食べることができますが、専門店に行く場合でも持ち帰りをすることも可能になります。お土産として持ち帰ってもよいでしょう。店内で食べると、昔ながらの雰囲気を味わうことが可能になり、古きよき日の荒川区の様子を垣間見ることができるでしょう。次に、寿司もご当地グルメとして有名です。荒川区は、直接東京湾に面している訳ではありませんが、比較的東京湾から近いことから江戸時代あたりにさしが広まった地域でもあります。現在でも、すしの伝統は続いており、多くのすし屋さんがあるのが特徴でしょう。新鮮なすしを扱っているところが多いため、舌鼓を打つことが出来るでしょう。東京のグルメと言えば、もんじゃ焼きをイメージする人も少なくないはずです。関西のお好み焼きに似ていますが、どちらかといえばおやつ感覚で食べるものになります。ただ、様々な野菜や魚介類などを入れるとボリュームがアップするため、これだけでもおなかを膨らせることも十分に可能になるでしょう。

詳細を読む